2022年06月06日

大塚古墳の除草活動を行いました

2022年6月4日(土)、細谷・上戸祭地域まちづくり協議会 遺産保存活用等推進特別委員会及び地域からの協力者計18人で、今年度第一回目の大塚古墳の除草活動を実施しました。
晴れて空気が澄んでいる時には、遠く富士山も見えます。

大塚古墳除草作業集合写真
皆さん、いい汗を流しました。

静桜の様子
2020年に植えた、静桜も順調に若枝を伸ばしています。

静桜の花
春には、こんな感じで花を付けます。


「伝説の静桜」
鎌倉時代のはじめ、源義経は源頼朝に追われ奥州の平泉に逃れました。
この義経を慕い訪ねるため静御前は京より旅をして奥州を目指しましたが、途中、野沢の地で義経の討死を知り自らも病に伏し没しました。この時携えてきた杖を塚にさしたところ、根付き桜の大木になりました。これが「静桜」の言い伝えです。

静桜は一枝に花弁が一重と八重とカブトが混じる特殊な咲き方をします。この静桜は日本花の会結城農場から入手した静桜うつのみや国本花の会から分けていただき植樹しました。
posted by 広報担当 at 08:30| Comment(0) | 自治会連合会・まちづくり協議会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。