2019年08月21日

富山の歩いて暮らせる「まち」を実感 「LRT乗車体験見学」に行って来ました。 No.2


<細谷・上戸まちづくりスタッフブログ>
「富山駅」北口へ移動された一行は、北前船で栄えた港町「岩瀬浜」まで7.6qの短い区間を走るコンパクトで軽快な車両「ポートラム」に乗り換え、片道25分の旅に出発。

8/19 LRT乗車体験㉓.jpg

未来的デザインの「ポートラム」の車体は、スノーホワイトの「立山」の新雪がモチーフになっていて、車体のカラーは全色で7色あり、どれも富山の恵み多い自然や未来を象徴したものになっています。

8/19 LRT乗車㉔.jpg

途中、城川原駅の「車両基地」を車窓から右手に目を追いながら、廻船問屋が立ち並ぶまち並みの終点「岩瀬浜」に到着。

8/19 LRT乗車体験 ㉕.jpg

≪岩瀬浜駅から徒歩3分の「岩瀬カナル会館」は岩瀬の観光拠点で「富岩(ふがん)水上ライン」の乗降所にもなっていて、環水公園(富山駅北口徒歩10分)まで、片道70分の富岩運河の船旅を楽しむことができます≫

8/19 詩情ライン.png

 休憩後、「富山駅」北口に戻られたみなさんは、目の前の「オーバードホール」1Fのアスネットカウンター向かいにある「公共交通まちづくりインフォメーションセンター」へ立ち寄り、

8/19 LRT乗車体験 ㉙.jpg

富山市中心部のジオラマや

8/19 LRT乗車体験 ㉚.jpg

「セントラム」「ポートラム」を中心にコンパクトシティ富山の取組みを紹介している施設を見学。

8/19 LRT乗車体験 ㉜.jpg

 5時間30分の滞在も、まもなく終わりを迎え、疲れた様子のみなさんの顔には安堵感が溢れ、最後、お土産を購入されるみなさんの顔には、いつもの笑顔が戻っていらっしゃいました。

8/19 LRT乗車体験 ㉞.jpg

参加をされた12名の各会長さん方は、宇都宮市の「次世代型路面電車(LRT)」事業への取組みに理解を深めることができ、各団体での「LRT乗車体験報告会」が楽しみになってきています。

8/19 LRT乗車体験 ㉟.jpg

 帰路の新幹線の車中では、細谷・上戸祭地区「乗車体験見学会」の報告書を作成するため、一人ひとりにお約束のアンケート用紙が配布され、書いた意見や感想をそのまま報告書にまとめ、後日、市民のみなさんに公開されることになっています。
 また、細谷・上戸祭地区の「LRT乗車体験報告書」は今後の宇都宮市のLRT事業への取組みと各地域の「LRT乗車体験」に活かされるものと期待をしているところです。

 参加されたみなさん、大変にお疲れ様でございました。 

8/19 LRT参加者アンケート.jpg



posted by まちづくり団体ブログ at 08:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: