2022年11月21日

役員視察研修会(11月1日〜2日)報告

細谷・上戸祭地域まちづくり協議会では、2022年(令和4年)11月1〜2日に宮城県石巻市・気仙沼市への役員視察研修会を行いました。

現地は地域・行政・国が一体となって個々に復興が進んでいますが、発災当時の各災害地・被災地・島嶼部では三日三晩明かりも食べ物もなく、寒さを耐え忍んで夜を過ごしたと、被災者から多くの証言を拝聴しました。避難所となった病院では、冷蔵庫の氷で喉を潤し、柿の種を半分にしたかけらを食べて夜を過ごした等、悲惨な状況となっていたことが、南三陸町東日本大震災伝承館311メモリアル施設のVTRを視聴して実感できました。

私たち細谷・上戸祭地区は過去から現在まで災害とは無縁であると誰もが考えていますが、「いざ災害が起きたらいつ・どこに逃げるか」について日頃から住民同士で考え、自治会が地域で連携しながら、避難経路や防災拠点などの確認と知識を習得するための活動を平時より行い、整備していきたいと考えます。

宮城県石巻市の門脇小学校にて。
門脇小学校

津波で押しつぶされた消防車の展示。
被災した消防車

被災当時の職員室の様子。
被災した職員室

ガレキの中で押しつぶされた消防車の状況。
押しつぶされた消防車

VTR映像で被害状況を視聴。
5.jpg

津波展望台(7.8m)高台にて。
津波展望台

有名な看板は5年に1回建て替えられています。
「がんばろう!石巻」看板

気仙沼市 津波伝承館の玄関前で集合写真。
伝承館前で集合写真

館内でボランティアから説明を受けました。
ボランティアから説明。

南三陸311メモリアル(南三陸町東日本大震災伝承館)にて。
10-2.jpg

「早く逃げて!」と防災無線で叫び続けた女性職員は、津波に飲み込まれてしまいました。
11.jpg

宿泊施設前で。ご主人・おかみさんには大変お世話になりました。
宿泊施設前で。


posted by 広報担当 at 16:00| Comment(0) | 自治会連合会・まちづくり協議会