2020年08月31日

「市民主体の住みよいまちづくり」40周年


<細谷・上戸まちづくりスタッフブログ>

 昨日30日(日)も暑い一日となってしまいましたね。。。。。
夏バテ気味のお身体のケアは、
いかができましたでしょうか (。´・ω・)? 。

 
 宇都宮市は、恵まれた自然と古い歴史に支えられ、
二荒の森(杜)を中心に栄えてきたまちです。
このふるさとに誇りをもち、みんなの力で豊かな未来を築くため、
市民の誓いを定めます。

と、いう前段の文言で始まる、
「市民主体の住みよいまちづくり」を一層推進しようと、1980(昭和55)年4月に制定された「宇都宮市民憲章」をご存知でしょうか。

0831 市民憲章.jpg


 「宇都宮市民憲章推進協議会(鎌倉三郎会長)」さんでは、本年令和2年度で制定40周年を迎えたことから、周年事業のひとつとして「宇都宮市民憲章・啓発パンフレット」を作成して、市民のみなさんに「市民憲章」の理念や取り組みをさらに理解していただこうと、市民憲章推進協議会構成団体さんや市内小中学校、自治会さんなどに、令和3年2月ころ配布する予定となりました。

【宇都宮市民憲章】
1.健康で、心のふれあう明るいまちをつくります。
1.きまりを守り、活気あふれる楽しいまちをつくります。
1.学ぶことを大切にし、文化の薫る美しいまちをつくります。

0830 まち.jpg


posted by まちづくり団体ブログ at 08:00| Comment(0) | 日記