2019年10月14日

台風19号のもたらした爪痕が少しづつ判明してきています。


<細谷・上戸まちづくりスタッフブログ>
 日本列島に甚大な被害をもたらした猛烈な大型台風19号は、土砂災害や川の氾濫、突風などで家屋が崩壊するなど、台風の残した爪痕が少しづつ判明。

 栃木県内では堤防の決壊や河川の氾濫が相次ぎ、宇都宮市内でも、市内全域に「避難勧告」が発令された数時間後、「田川」流域の大通り4丁目(宮の橋上流)や川田町(川田橋)付近、姿川が流れる大谷町でも川の水が堤防を越え氾濫が発生。
道路が冠水し、住宅や商店が浸水に及ぶ大きな被害に直面され、汚泥などを取り除く復旧作業に追われています。

10/14 助け合い.jpg

posted by まちづくり団体ブログ at 09:00| Comment(0) | 日記