2018年11月19日

児童の権利に関する条約と「子どもの休む権利」


<細谷・上戸まちづくりスタッフブログ>
 明日の20日は「世界こどもの日」。1989(平成元)年11月20日に「児童(18歳未満のものと定義)の権利に関する条約」が採択されたことから、国連で記念日に制定された「国際デー」のひとつです。

11/20 世界こどもの日.png
イラストは「GATAG」さんより転用させていただきました。

 子どもたちに「どんな権利が自分にとって一番大切か」というアンケートを行ったところ、「休む権利」が上位になったそうです。学年が上がるにつれ、疲れているこどもが多くなる傾向が指摘されています。学校でのストレス、受験のための塾通い、勝利至上主義のクラブ活動などが背景にあるようです。

11/20 子どもの権利 ゆとり.jpg
イラストは「news.careerconnection.jp」さんより転用させていただきました。

休息・余暇・遊びが子どもにとってどれほど大切な権利であるかについて認識されていません。子どもが自発的・主体的に成長できるような「ゆとり」が必要になっています。
「日本における子どもの権利に関する現状と課題」から引用させていただきました。
 
みなさんはどんなふうにお考えになりますでしょうか。「コメント」をいただければ幸いと存じます。

posted by まちづくり団体ブログ at 14:03| Comment(0) | 日記