2018年10月16日

社会福祉協力員さんの「視察研修会」に同行させていただきました。


<細谷・上戸まちづくりスタッフブログ>
  今日は「細谷・上戸祭地区社会福祉協力員連絡会」の視察研修会が行われました。いつもお世話になっている「福祉協力員」のみなさんとともに、壬生町の「特別養護老人ホームしもつけ荘」さんへ同行させていただきました。
10/16 バス.jpg
イラストは「illust.box.jp」さんより転用させていただきました。

「しもつけ荘」さんは、元「獨協大学」理事長の「関 湊」さんの社会福祉に対する強い熱意と理想により、昭和60年10月に「社会福祉法人関記念栃の木会」として創設され、現在では県内最大規模の施設となっているそうです。

DSC_0531.JPG

施設には午前10時前に到着。最初に施設長さんから施設の概要などをお聞きした後、36人の参加者は3班にそれぞれに分かれて熱心に研修を受けられていました。
90分の研修中、お会いする職員のみなさんの明るい笑顔がとても印象的でした。

DSC_0526.JPG


posted by まちづくり団体ブログ at 17:11| Comment(0) | 日記